2008年09月24日

息子の嫁に財産を残したい場合1

長年にわたり献身的に看病してくれている
息子の嫁に財産を残したい、という
希望がある場合を考えます。

息子の嫁は法定相続人になりませんので
何もしなければ財産は渡りません。
従って何らかの手段を講じなければなりません。
その1つとして「遺言を残す」という方法があります。

遺言によって法定相続人以外の人にも
財産を残すことができます。


posted by sss-3 at 17:53| Comment(1) | 相続事例集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗なブログですね♪
応援ポチッ!
Posted by miwako at 2008年09月25日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。