2009年01月07日

相続財産を共有にしたケース1

相続人3人(配偶者、子:2人)は被相続人の居住していた自宅を
相続し、遺産分割協議の結果、相続人3人で共有していました。

やがて相続人のうちの1人が当該不動産を売却して現金化したい
と思いました。しかし、残りの相続人は売却に反対しました。

共有物は共有者全員の同意がなければ売却等を行なうことは
できません。
この状況では「共有者全員の同意」が得られていませんので
原則として当該不動産の売却はできない、という結論になります。


posted by sss-3 at 15:53| Comment(0) | 相続事例集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。